新技開発に燃える〜!!

みなさん、おはこんばんちわ!😎

 

近頃、ある出来事がキッカケでドラムにより一層魂がこもっております!✌️

 

今月の初めに師匠とドラム界のこれからについて話していた時に、

 

「ドラムの技術やアイデアはある意味出尽くした感がある、昔みたいにこのフレーズは絶対に習得したい!この曲はモノにしたい!!みたいなワクワクがない。ドラム以外から何かアイデアを取り入れる方向しか可能性ないんですかね〜」

 

ってトピックになったんですが、それを自分で口にした時。

 

何かすごく寂しい気持ちになった。

 

誰よりもドラムが好きだって気持ちを持ち続けて、一本でやって来て、大好きなはずなのに...学生の時みたいにワクワクしないって...あんたどうしちゃったの?何か大切なこと忘れてない??って自分に問いかけたんですよね。

 

で、改めて大好きなドラムと毎日向き合えて、そしてそれで仕事をできている自分がどれだけ幸せなのかを確かめられる機会があって再認識したんです。

ドラムにさらに魂込めないと!って。

(その出来事が何か今はあえて言えないのですが、そう遠くない未来に振り返る形でご報告できるかなと思っております。)

 

ドラマー(ミュージシャン)には2つの生き方があって、一つは自分の音楽性を追求して我が道を進むアーティスト型。もう一つは依頼者の音楽制作に貢献してサイドメンとして活躍するセッション型。

 

ボクはどちらもやってるけど、ハッキリ言ってアーティスト型💁🏻

聞こえはかっこいいけど、独自の音楽性を追求すると言うことは誰もがやったことがない、前例の無いモノを生涯、ずっと生み出していかなければならない。結構険しい道だったりする。

ドラムでは例えば自分にしかないフレーズやテクニック、簡単にいうと新技です😘

 

いくつか自分にもあるんですが、完全新生な物って今までには無かったような。でもそれが今回ついに出ちゃったんです〜!しかも区民センターのレッスン中に笑

 

もちろん、ノリでパ〜って出たわけじゃなく、これまでにかなりの試行錯誤や積み重ねがあったからなのですが。そのアイデアがまさかフレーズの解説をしている最中に急に飛び込んでくるとは自分でも予想していませんでした。

 

ルーツはおそらくここ一年の経験からきていると思います。今の自分のドラムのスタイルにたどり着いていなかったら絶対出てこない発想だったわけで。

それプラス「覚悟」かな。ドラムは自分にとってかけがえのないもの、だからこそボクがやるんだっ!って気持ちがリンクしたときに予期せぬものが生まれる...そんな気がします。

 

とにかく今はそれがすごく嬉しくて、どうモノにして進化させるかを楽しみながら考えています。ドラムは出尽くした??いやいや、まだまだですよっ!って胸はって言えるように。まずは今週末のそらつずみのライブに全力投球だ🤡

 

f:id:katanariko:20180424003334j:plain

 

珍しく真面目な話でした😜

 

今回もありがとうございました!次回もよろしくお願いします〜😚

 

おつかたなり〜!💁🏻