ご報告致します

みなさん、おはこんばんちは‼️

 

本日より、私難波方成は有限会社ウィンド・ミュージックカンパニーの代表取締役に就任致しました。

 

f:id:katanariko:20180702114146j:image

 

前社長の風かおるは取締役会長に。

 

経緯ですが、弊社は元々両親が22年前に始めた音楽事務所であり、アメリカから帰って来た時から所属アーティストとして活動をしてきました。ですが、その時はまだ全然会社の事について関心も興味もなく、むしろ「本当は所属していない方が動きやすいんじゃないか?親の下にばっかりに見られてるのは嫌だ」と半信半疑に思っていました。

 

長い間、ずっとそれが続いていましたが、その気持ちが去年から変わり始めました。

 

ドラムと並行して会社の経理をするようになり、そこで色々な事を学びながら時々

「自分だったら、ここをこうして良くしたいな」と思うようになってきたのです。

もちろん、自分なりのアイデアが出たところで経営がそう簡単に出来るわけではなく…ただ、生命をかけて、全力で自らが歌手としても経営者としても活動している風社長(母)を横で見ていているうちに、自分に出来ることで少しでもこの会社に役に立ちたいという気持ちが大きくなり、その事を打ち明けた時、

 

「いっそのこと、アンタに任せてみようか。」

 

と言ってくれました。

 

でも、そこから代表になるかも〜と色々な人に報告をしたら、厳しい言葉も受けるようになりわかってはいたのですが、気持ちの納得がいかなくて何度も逃げ出したくなりました。

 

しかしながら、ある時にラジオ番組のスポンサーでもある株式会社加美乃素本舗さんにご挨拶に伺った時、中村社長さまが、

 

「次に会う時は社長やな!」

 

とおっしゃってくださったのが、何気ない一言だったかもしれませんが、心に響いたというか本当に嬉しくて、そのことがキッカケで就任する決意をしました。あの一言がなかったらおそらく、社長にはなれていなかったと思います。

 

散々、自分勝手に生きてきてはいましたが実はこう見えて、本当に自分のためには生きていなかった。自己主張は強いけども、結局誰かに任せて生きてきた…とでも言うのでしょうか。ここ1年で自分自身を見つめ直しながら、本心はどうか?をよく考えていく中で、

 

「夢も目標もコンセプトもあるけど、それを本当に何かに活かせたか?理想で終わってしまっていないか?明日人生が終わるとしたら…自分の人生に生き様を感じられるか?」

 

正直、本気でやってきているとは思ってたけど「全力か?」というと、うーん🧐

自分と対話したことでようやく気付かされ、気持ちが固まりました。

 

まずは自分自身が納得出来るように、そしてそこから人のためにと繋がるように生きたい。

 

これが結果社長を継ぐという形になったのです😌

 

ちなみに社長をやると決意した後、とても短期間ですがとある場所でアルバイトをしてました。

理由はボクは今までドラムという好きなこと一本で仕事をしてきたけれど、そうではない人の気持ちはわかりにくい。雇う側になる以上、色々な方と触れ合い雇うことになるわけだからその関係性や気持ちを知っておきたい!と思ったからです。短期間だけど、そのお店のオーナーや先輩方は本当に良くしていただいてたくさんのことを学びました。この経験を今後に役立ていきます。本当にありがとうございました!

 

 

…ということで随分と長くなりましたが、

まず代表として知らない事だらけなのでそこを学んでしっかりと抑える。そして、ドラムを通じてシャンソンとは別の世代やコミュニティにも事業を広げてウィンドを発展していけるように努めてまいります。自分らしく、ボクらしく。

 

未熟者ではございますが今後ともよろしくお願いします🙇‍♀️

 

初代社長の父や祖母たち、ご先祖様、弟のケニー(犬)がいる天国までその名が届くように…フルパワーでやるぞっ!

 

今回もありがとうございました、次回もよろしくお願いします💁‍♀️

 

おつかたなりっ!😉