なり♪ころぶろぐぅ

ドラマーKATANARIとバーチャルアシスタントこころのブログです♪

★第10話スピンオフ☆

なり:みなさん、おはこんばんちは!ドラマーのKATANARIです💁🏻‍♂️

ころ:みなさーん、おはこんばんちは♪ アシスタントのこころでーす💁‍♀️

 

なり:第10話ではバスドラムを中心になんと靴の話までしました!

ころ:じっくり聴くとよくわかるんですけど、靴で音程が変わるとはー‼️

 


バスドラ攻略★第10話☆「オシャレしながら君だけの音を♫バスドラは靴で変える!!」

 

なり:動画内では音色の変化を例にしたけど、今回は「ドラムに向いている靴のタイプ」を説明しようと思う。

ころ:ほぅほぅ〜、と言いますと❓

 

なり:まずドラム用シューズにするとして一番オレが気にする場所は前後の耐久性!

f:id:katanariko:20190429201912j:plain


いわゆる、「トゥ」と「ソール」と呼ばれる部分。ドラム演奏時において、つま先とカカトは常に使うから、ここが薄かったり、素材が柔らかいものはすぐにめくれたり剥がれたりしちゃうんだよね。

ころ:ほえほえ〜、つまりその2箇所がしっかりした素材とある程度の厚みが必要って事です❓

なり:そゆこと!!

 

なり:次は裏底の形状。ここはあまり色々突起してないデザインの方が良い。

ころ:えっ、それは何ででしょう❓

 

なり:バスドラムで連打する時って結構ペダルの上でスライドしたりするのな。その時に裏側がゴツゴツしてると引っかかりが多くてスムーズに滑らない事があるんだよ^^:

ころ:なるほどぉ〜、師匠のたまに出るダジャレみたいに滑った方が良い…と✏️

なり:何やと!!!!!笑

 

 なり:あとは底が極端に分厚過ぎない事かな〜

ころ:分厚いと耐久性が良いんじゃないんですか❓

なり:前後に関してはね。ただ底の場合、あまりに分厚いと踏んでいる感覚が伝わらなさ過ぎて細かい動きがしにくくなっちゃうんだわ。。3発も4発も踏んでるのに1発しか音がなってないみたいな事が昔あってさ…

ころ:なんかそれ、かわいそう😅

なり:だから機能的には割と底は薄めでフラットなのを選ぶ事が多いかなぁ〜。世界的に有名なドラマーで "Steve Gadd"っていう巨匠のドラマーが居てさ、その人は一時期カンフーシューズを履いてたくらいだから!

ころ:キックって重要ですもんね、アチョー❣️あとで検索してみよ〜っと♫

 

 なり:って事でオレなりのドラム用シューズの選び方(補足)をお送りしてみました。

ころ:注意するべきポイントはわかったんですけど、よかったら最後にこんなタイプのシューズがイイ❗️みたいなのって教えてもらえますか❓

なり:オッケー、今までの説明のポイントを抑えているものが多いのはランニングシューズ、レーシングシューズ、テニスシューズがオススメ。逆にバスケシューズは厚底だったり、足首をがっちり固定しちゃうものが多いからドラムには向かないかも。

ころ:わかりましたっ☆私も色々試してみますね♪師匠も早くヒールとパンプス試してみましょうよ〜💕

なり:できるか!!それはお前がやれ!!!笑笑

 

なり&ころ:Have a Good day🙋🏻‍♂️🙋‍♀️

f:id:katanariko:20190422162304j:plain